婚約指輪と結婚指輪のことが区別ついていない男性って結構いますよね。

男性にしてみれば、ジュエリーのことなどはあまり気にしていないのかもしれませんが、女性にしてみれば、婚約指輪と結婚指輪のことって意外と大事に考えている場合が多いんですよ。

そもそも婚約指輪というのは、結婚する前に結婚の約束を交わしたカップルが結婚するという誓いの意味を込めて贈る指輪であり、婚約して結納する時などに贈るものとされています。

そして結婚指輪というのは、結婚したカップル二人が贈り合う指輪であり、結婚式の時に交換して、その後、普段から身につける指輪となります。

おわかりいただけたでしょうか?結婚指輪の方が一般的に男性に認識されていることから、婚約指輪のことを忘れてしまうという事も多い様なのですが、婚約指輪というのは用意しないという人もいる様で、実は必要ないのでは?と考える人もいる様です。

それは男性だけではなく、女性であっても、婚約指輪はなくても良いと思っている人もいる様です。

婚約指輪というのは、ジュエリの中でも高価なものなので、もったいないと考える人も多い様です。

確かに普段使いをするものではないので、女性が必要ないと考えるのであれば、それはなくてもよいし、中には二人で普段使う時計を贈り合うという事もある様です。

そして、中には予算が無いという場合も…。

そんな時は無理する事なく、将来余裕のある時にプレゼントするといいかもしれませんね。