婚約指輪を選ぶ場合、既製品ではありきたりなデザインとなってしまうので、オーダーメイドを考えたが、費用が高いので諦めたという人もいるかもしれませんね。

こういう時はセミオーダーも考えてみてください。

セミオーダーメイドにもいろいろ種類がありますので、中にはデザインの選択肢が豊富なオーダーメイド並のセミオーダーメイドもあるのです。

ここは扱うお店や工房による違いも大きいのですが、石を最初に決めて、土台となるリングのデザインを決めていくのですが、セミオーダーの場合はあらかじめ用意されたデザインから選びます。

デザインのパターンが少ない場合は、セミオーダーでも似通ったデザインとなってしまう事もありますが、種類が豊富な場合は意外と個性的なダイヤモンドリングになる可能性も残っています。

ダイヤモンドに限らずリングは、例えば立て爪の場合は、爪の長さや爪の本数を変えるだけでもかなり印象が変わります。

爪を使わずに埋め込む事もできますし、ダイヤモンドの周りにメレダイヤを散りばめるだけでも華やかな印象になります。

パヴェリングの中央に小粒のダイヤモンドを持ってくると、ダイヤが小さくてもゴージャスな印象のリングになります。

スタイルやデザインを2人で決めていけば、セミオーダーでもかなり満足度の高い婚約指輪ができるはずです。

予算に合わせて作れるのもセミオーダーメイドのメリットです。

ネットでもセミオーダーメイド可能なショップや工房を検索できます。

婚約指輪と結婚指輪のことが区別ついていない男性って結構いますよね。

男性にしてみれば、ジュエリーのことなどはあまり気にしていないのかもしれませんが、女性にしてみれば、婚約指輪と結婚指輪のことって意外と大事に考えている場合が多いんですよ。

そもそも婚約指輪というのは、結婚する前に結婚の約束を交わしたカップルが結婚するという誓いの意味を込めて贈る指輪であり、婚約して結納する時などに贈るものとされています。

そして結婚指輪というのは、結婚したカップル二人が贈り合う指輪であり、結婚式の時に交換して、その後、普段から身につける指輪となります。

おわかりいただけたでしょうか?結婚指輪の方が一般的に男性に認識されていることから、婚約指輪のことを忘れてしまうという事も多い様なのですが、婚約指輪というのは用意しないという人もいる様で、実は必要ないのでは?と考える人もいる様です。

それは男性だけではなく、女性であっても、婚約指輪はなくても良いと思っている人もいる様です。

婚約指輪というのは、ジュエリの中でも高価なものなので、もったいないと考える人も多い様です。

確かに普段使いをするものではないので、女性が必要ないと考えるのであれば、それはなくてもよいし、中には二人で普段使う時計を贈り合うという事もある様です。

そして、中には予算が無いという場合も…。

そんな時は無理する事なく、将来余裕のある時にプレゼントするといいかもしれませんね。

婚約指輪に関して、初めてのことだからどうしたら良いか、という人は、けっこういるかもしれません。

基本的には男性が女性にプロポーズの際に贈り、婚約の成立の証となるモノで、目に見える形で、その気持ちを伝える、というモノでもあります。

Continue reading